ブリーダーと言う仕事

皆さんは家でペットを飼っていますか。

ペットを飼っている人は何処でペットを飼いましたか。

近所で保護した人や、友達の飼っている犬や猫に赤ちゃんが出来たので引き取った、もしくはペットショップで購入したなど、ペットを買った経緯は様々でしょう。

皆さんはブリーダーという仕事を知っていますか。

ブリーダーというのは、動物を繁殖させる仕事です。

家庭で個人的にブリーダーをしている人もいれば、ビジネスとしてブリーダーの仕事をしているひともいます。

最近では、ペット通販の様なブリーダーから直接買えるシステムも増えてきました。

ブリーダーの仕事はとても大変です。

簡単にできるものではありません。

赤ちゃんを育てる仕事なので片手間で出来る仕事ではありません。

小型犬のペットブームによりかなり人気がありブリーダーがもうかると言う事から色んな人が参入してきました。

ブリーダーは、命を扱う仕事です。

ちゃんとした設備、動物nストレスがかからない様にする為のゲージ、栄養満点のペットフード、衛生面、健康管理、全てにおいてわが子の様に育てなければいけません。

命がある動物を扱っているのです。

ちゃんと責任ある行動をしなくてはいけません。

ブリーダーの中にも小型犬を扱っている人もいればコンテストで優勝する様な事なる品種を掛け合わせる人もいます。

そかし、トイプードルやチワワなのどの小型犬ブームの影響により小型犬を交配するブリーダーが増えています。

やはり、異なる品種を掛け合わせる事により安定した品種改良がおこなわれていない為、寿命も短くなり弱り易くなってしますそうです。

しかし、小型犬より大型犬の方が寿命が短いそうです。

しかし、色んな品種改良をする事によって健康でない動物が生まれてします確率も高くなってしまうそうです。

ブリーダーはその事をちゃんと考慮した上で健康な動物を生産しなくてはいけません。

そして、買い手の気持ちや動物の気持ちになって健康に育てる義務があります。

ちゃんと買い手に安心してもらえるブリーダーでないといけません。

ちゃんと動物を買い手のところにお嫁に出して幸せにしなくてはいけません。

その為には、ブリーダーがちゃんと飼い主を見極める事が大事です。

書いてもちゃんとブリーダーを見極めなくてはなりません。

動物は、当たり前ですが命が宿っています。

一瞬の流行りなどでペットを生産しないこと、買わない事。

決して、買い手もブリーダーもその事を絶対に忘れない様にしましょう。