動物と人

人間に傷付けられる動物もいます。

人間を怖がる動物もいます。

しかし、人間と動物はとても強いきずなで結ばれる事もあるのです。

動物はとても強い癒しの力を持っています。

家にペットがいると皆の会話が増えると言う話も聞いた事があります。

冷めきった夫婦間にペットがいれば自然と場がなごむと言うケースもあるそうです。

本当に動物にはとても強い力が備わっています。

アニマルセラピーというものが存在するくらいです。

このアニマルセラピーとは、動物と関わる事で病気をなおしていくということ。

治療の一環に組み込まれ現在もその様な治療をしている人がいます。

特に認知症の治療には犬と関わる事により良い結果が生まれるそうです。

犬だけではありません。

イルカと泳ぐ事によって自閉症の人達は、自信を取り戻したりする事が出来る様です。

イルカはとても頭が良い動物です。

血圧等を感知できるらしく、怪我をしていたりどこかが弱っていたりするとその怪我をしている方をかばって泳いでくれるそうなのです。

とても優しい動物なので海の中で身をゆだねることによる癒しの効果とイルカに認識されたと言う強い自信により回復に向かうそうです。

また、介助犬なども人間にとっては支えでもあるでしょう。

厳しい訓練を受けた犬が障害のある人間の生活を支え、危険から守るのです。

とてもきびしい訓練なのです。どんな事があっても動じない精神力を見に着けるのはとても大変でしょう。

この厳しい訓練により障害のある人は助けられるのです。

人間は、どこか動物より上になっている気がします。

当たり前のように頭も良いし、色んな事が出来ます。

しかし、動物はとても純粋な心を持っています。

人間が少し忘れかけている純粋な感情なのではないでしょうか。

人間は進化しました。だから今があります。

強くなった人間が動物を守らなくてどうするのでしょうか。

ペットを飼っている人、今から飼おうとしている人もう一度よく考えてみてください。

ちゃんとペットを家族同然に愛していますか。

毎日ちゃんとスキンシップを撮っていますか。

ペットはちゃんと見ています。

感じ取っています。

それをちゃんと分かってあげて下さい。

今から飼おうとしている人は大丈夫ですか?

子どもが出来る事と同じ責任感と言う事理解していますか。

一瞬の考えで決めていませんか。

自分より弱い動物です。自分を差し置いてでも命を守ってあげて下さい。

そのくらいの覚悟が必要だと言う事です。